最近の記事
2015年03月31日

使うための英語にはコロケーションとパラフレーズの学習

ある程度意思疎通は不自由ない状態になったあと、ワンランク上の使うための英語を身につけるには何が必要なのかをずっと考えていたのですが、その秘密がどこにあるかようやく発見しました。

コロケーションとパラフレーズにありまぁす!

え?知ってたって?そうですね、、、今の学習理論では常識的な知識でした。
でも知っていたとして、どうやってこれらの力をつけるかについてはあまり詳しくないでしょう?
そこで私の出番というわけです。なんせ常に自分が実験体ですので、リアリティーだけはあります。

TOEIC900くらいの力はあるけどスピーキングの表現が乏しい人というのは、割といると思うのですが、そういう人に向けた内容です。自分の表現力がどのくらいかわからない人は、TOEFLのスピーキングの練習をやっていると、いかに自分の発信語彙が乏しいかわかりますのでぜひ試しに10問くらいやってみてください。
私の場合は、コロケーションとパラフレーズに力を入れ始めたら、だいぶ表現が豊かなものになってきました(もちろんまだまだ乏しいので日々鍛錬しております)。以下にコロケーションとパラフレーズを鍛えるための最高の教材を載せておきます。秘密にしておきたいくらい使える教材です。取り組むとビックリすると思います。コロケーションとパラフレーズは、基本的には表現が出てきたその都度しっかり覚えていくことや、辞書やシソーラスを使い増やしていくのが一般的ですが、以下に紹介するのは、ちゃんと勉強するから一気に増やしたいよという方に向けた教材です。


コロケーション(すべての日本人対象)

3択でひたすら基本的なコロケーションを学びます。ブックオフで二冊発見したときは、あまりの出来の良さに思わずガッツポーズをしましたね。CDがないのが残念ですが、日本人的に迷うコロケーションの基礎を網羅した唯一の書籍です。本当に2015現在では唯一無二の存在で、もっと有名英語講師さんに頑張ってコロケーションの練習本を作ってほしい。

パラフレーズ(すべての日本人対象)

洋書の和訳が付いた版です。洋書でも問題ないのですが、和書の方が見た目が使い易いです。近い類の語の使い分けを身につけるのに適しています。レアジョブのやたらパラフレーズが上手い講師も使っていたので間違いないです。ボキャブラリーの幅が広がります。

コロケーションとパラフレーズ(英検1級レベルを発信語彙で使用したい人向け)

また植田一三さんかとお思いのあなた!この本は完成度高いですよ!!パス単などである程度英検1級の語彙の意味はわかり、試験問題は安定して20/25くらいは解けるという状態でこそ威力を発揮する本です。易しい語彙と難しい語彙が語彙レベルごとに細かく分けられてシソーラス的にまとめてあったり、英検1級語彙にコロケーションを複数つけていたり、句動詞を近い意味ごとに複数まとめてあったりと、とにかくまとめ方が凄いです。よくぞここまで整理してくれた!という感じで書店で思わず吹き出しました。植田本にしては見やすいレイアウトで、さらっと読むだけでも勉強になりますし、音源も充実しています(ただし音源にいちいち日本語でタイトルが入っているのが邪魔です)。これと同じタイトルの準1級のがあるのですが、そっちは工夫がなく全然ダメでした。これだけ異彩を放っています。


コロケーションとパラフレーズ


最初はおすすめはしないけと使えると紹介していましたが、読み込んでいくうちに、非常に有効だと感じてきましたのでこちらの欄に移しました。というのも、TOEFLスピーキングの練習中にここで触れた用法(まだ覚えたレベルまで取り組んでいない)がさっと口から出てきたのです。
間違いなく内容は良いのですが、文字が詰まってて異常に読みにくいです。音源もないし、本としてはあまり完成度が高くないと言わざるをえません。ただ、中に書いてあることは確かに勉強になります。ただ、これ覚えられるのか?という疑問が湧きます。自分で書き出して整理するなどすれば大化けするかもしれません。
この本の内容は、昔出ていた植田本のスピーキングスキルアップという本の動詞のパートを拡張したものが前半で、それに形容詞などのパートを同じく類語でまとめたというものです。おそらく声に出しながら3周くらいしてから身に付くと思います。ぎっしり文字が詰まってて取り組むまではためらいますが、始めれば思ったほど時間がかからないので、おすすめです。


おまけ(おすすめはしないが、使えるには使える)
パラフレーズ

多作すぎるデイビッド・セイン氏の本なので、まあどこかで見かけた内容もあるかもしれませんが、まとめとしてそこそこ読みやすいです。2日くらいで読めちゃう軽い内容ですが、形容詞の整理に良いと思います。おすすめはしない理由は、音源もないし、内容量に対する値段が高いからです。内容自体は良いです。



その他の訓練としては、TOEIC、TOEFLの試験勉強で出会うフレーズを自分で使うつもりでアウトプットを意識して覚えていくとパラフレーズやコロケーションが増えます。特に両試験は実力がついたら後はパラフレーズ勝負みたいな試験ですので、パラフレーズ力を上げるには最適と思います。TOEICはビジネス寄りの表現が多いので、日常で使用するパラフレーズを増やすならTOEFLの勉強が大変おすすめです。
他には、要約などを自分の言葉ですると良いです。構文を変える形のパラフレーズならが、当然構文/文法を声に出しながら勉強するという方法もあります。

コロケーションとパラフレーズに力を入れるとアウトプットの質と量が向上すること間違いなしですので、お試しあれ!! |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
posted by yozamruai at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教材レビュー>Speaking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月30日

センター試験の英語

センター試験の英語に関して。

センター対策というのをしたことがなくても、英語をしっかり学んでいる人はセンター試験で9割以上は確実に取れる。私もセンター試験について勉強というのは生まれて一度もしたことがないが、ここ10年くらいほぼ毎年新聞で解く限りでは9割を下回ったことは一度もない。万が一間違えても1,2問で、大抵はアクセントの勘違いかケアレスミスだ。学生もセンター試験模試である程度点が取れる人は、必ず本番でもある程度点が取れる。

つまり英語に関して言えば、センター試験というのはとても簡単な試験である。ほどほどの英語力があれば対策をする必要すらない試験なのだから。

だが、100点に満たない点をたたき出す学生が全国で後を絶たない。日本の学生の英語力の平均は、会話に関してはほぼ能力ゼロとして、紙ベースの易しいテストでも決して高くはないようだ。センター試験の平均というのも毎年120点前後のようである。

そこで、ほどほどの英語力、つまりセンター試験で8割以上を取るにはどうすればいいのだろうか?

@語彙
A文法
B読解
(Cリスニング)

アクセント問題を除けばセンター試験とは以上の三要素である(リスニングは音読をしっかりやって読解などでCDも使用していれば特別には勉強しないのが普通なので除く)。その中でも読解の点数配分が高い。


では、対策と呼べるほどのものではないスゴク当たり前のことを以下に書く。
@語彙
受験用の普通レベルの「単語帳1冊」と「熟語帳1冊」に真剣に取り組めば間違いなくセンターレベルの語彙力はつく。面倒ならDUO1冊で単語も熟語も覚えれば良い。ただしDUOは最初に例文の構造がある程度はわかる文法力のある人限定で使用すべき。読解も兼ねて速読英単語という本も良い。

A文法
Forestなどの「文法参考書1冊」を読みこなし、例文を音読する。Vintageなどの「文法問題集1冊」を最低3回望ましくは5回以上解き、間違えた問題は文ごと音読し、何度も間違えた問題は文ごと書いて覚える。

B読解
読解力は語彙力と文法力と慣れだが、以下の3点のアプローチを並行して行うと良い。
(1)ビジュアル英文解釈などの 「精読の本を1冊」を3周以上する形でしっかり取り組む。読み終えた文を音読する。読み終えた文を出来るだけ速く読み速読の訓練をする。
(2)「比較的簡単な文章」を初見で素早く読む(速読英単語初級など)。読み終わったあとわからない部分は精読で分析し、音読。
(3)「構文集」で構文を覚える(伊藤和夫の700、解体英語構文、英語の構文150など)。構文を覚えることは英作文にも力を発揮するが、受験レベルでは読解の正確さと速度を上げることにもっとも使える。



断言はできないが、今後続く果てない英語の学習と比べると、ハッキリ言ってとてつもなく簡単なことのように思える。この程度ができない人が大学という最高学府に行く必要があるのだろうか?行ってから勉強するのだろうか?もちろん英語だけ極端に苦手という人は結構いるが、やるべきことはここに書いた通りで誰でもできるのだから、英語が苦手というのは努力をしたくない人の都合の良い言い訳でしかない。

ここで身に付けた英語の基礎力は、必ずや後に役立つ。しいていえば、文法はペーパーベースで勉強しすぎると会話の際に頭でっかちになってしまって「ためらい」を生んでしまう面もあるのだが、語彙や文法や読解力は、今後の英語を身につけ使いこなす際の核になってくるのは間違いない。受験英語が役に立たないうんぬんの議論があるが、センターレベルでやっていることは必ず役に立つと信じて良い。

たかがセンター、本音を言えば、英語に関しては満点を狙ってもらいたい。なぜなら、後の世代はTOEFLなどが採用される可能性があり、アウトプットの力を含めるとまるで異次元レベルの力をつけてくる可能性があるからだ。つまり、センター英語レベルで苦戦していては完全に蚊帳の外になってしまう時代が迫っているということを自覚して英語学習に取り組んでもらいたい次第である。
|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:大学受験
posted by yozamruai at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習>学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月19日

本当に力がつく英語学習を考え直す

このサイトもそろそろ閉鎖すべき時期がきたように思います。
というのも、世に有益となることを発信できればと思って始めたものですが、振り返ってみると英語学習に関して時には遠回りになるようなことも書いていたかもしれないからです。

考えをまとめスリム化し、現在たどり着いた境地を以下にさくっと書いておきます。

英語学習の核
@音(発音・イントネーション・アクセント)
A語彙(単語・熟語・コロケーション)
B文法(構文含む)
Cアウトプットの場

英語学習の流れ
イ: 読んで聞いて理解する
ロ: 声に出して覚える
ハ: 繰り返して身につける

まとめると、@音、A語彙、B文法を地道に身につけ、Cアウトプットの場でそれを試しつつ試行錯誤していけば英語は必ず身に付きます。その際に、理解する→覚える→身につけるの流れをしっかり分けて考え取り組むこと!英語が苦手は人は、「理解する」の段階をあいまいにしています。
「覚える」と「身につける」を分けている理由は、ほとんどの英語学習者は英語を「覚えた段階」で満足し、英語が「身についていない」からです。良く考えてみれば楽器などでもそうなので当たり前なのですが、覚えただけでは使えません。これは英検1級1次を余裕でクリアできるレベルの知識を覚えていた私でも、使うとなると、パッと出てこないことばかりという実体験が何よりの証拠となります。「身についている」というのは、語彙ならHello、表現ならNice to meet you.レベルの状態のことです。

英語学習の具体的な方法
@音→
発音記号を学べる教材にまずは2週間取り組み、その後ことあるごとに振り替える
以下の2冊以外はいりません。教本を先に、英語がだいぶ上達したら字典の方

その後は、CD付きの本などを用いて、常に声に出すことをおろそかにしない
方法としては、音読、シャドーイング(以下の本に真摯に取り組めばTOEICリス満点の力がつきます)


A語彙→
中学レベルの語彙は、簡単な文の音読を通して学ぶ(音読を20〜100回)

それ以後は各資格試験など、「目標に合わせた単語帳」である程度機械的に覚える
方法としては、音読、自分で表現を使い文を作るの二つ
目標の試験が終わったら、洋書/英字新聞などを読み知らない単語をリストアップして覚える(一生続ける)

B文法→中学レベルは公文の本など簡単なのを例文を声に出しながらさらっと終わらせる(2~3週間)

それ以後は大学受験センターの文法9割レベル、TOEICのPart5を9割レベルまでを目指し、
(1)文法問題集
受験ならvintage、TOEICならイクフン

(2)瞬間英作文
世に出ているものどれも一緒ですのでCD付きならどれでもいいです。多少不自然でも構いません。なぜなら英文法を身に付けるための素材ですから。間違って覚えてしまうなんてことは発生しません。
(3)読解訓練
伊藤和夫シリーズがおすすめですが、これもどれでも構いません。受験生が1冊はやっておくべきです。
を通して身に付ける。
方法としては、文法を身体にしみこませるために、例文を音読したり、間違えた問題の英文を暗唱したり、覚えた文法知識で自分で文を作ったりする。読解訓練は文法の確認と言えます

英語を身につけるコツは、「大量・繰り返し・継続」となります。以上の学習で、大量のインプットを繰り返し継続的に行い、それをアウトプットする場を設ければ完成です。

Cアウトプット→留学、独り言、レアジョブなどのオンライン英会話、TOEFL/IELTSのスピーキング対策本の質問に答える練習、日記、英検1級/TOEFL/IELTSのライティング対策本の練習



最後に、やめといた方がよい学習を理由とともに列挙しておきます。

・TIMEなど高尚な雑誌で学習→リーディング力は確かに伸びますが、その前にCのアウトプットにもっと力を注ぎ幼稚園児レベルはしゃべれるようになった方がいい
・聞き流し→断言します、基本的に意味ないです。TOEICリスニング満点取ったくらいから初めて聞き流しても多少の効果が望めるという程度で、学習効果を期待するほどの意味はないです。
・長文の和文英訳→かかる時間ともたらす効果を考えれば、とても非効率的です。京大に行きたい人以外はやめましょう。
・とりあえず留学→中学レベルの文法と語彙だけでも覚えておくと(身に付けるまではいかなくとも)、10倍くらい上達の速さが違うので、日本で3か月ほどみっちり勉強してからが良いでしょう
・TOEIC990狙い→860辺りからはTOEFLに移行した方が英語の総合力にとっては遥かに貢献すると思います(自分はTOEFLはだいぶ後からなので実体験がないので確信はない)。ただ、速読の能力を得るために950くらいまで頑張るのは良いかもしれません。
・週2の英会話→コツのところで書きましたが、「大量・繰り返し・継続」という唯一無二のルールに基づいて考えれば、週5ならまだしも、週2では英語はほとんど何も身に付きません。週2で得るものがあるのは、かなりの上級者になっている人です。

|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:英語学習法
posted by yozamruai at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習>学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。