最近の記事
2013年12月30日

古典を使った英語学習 クラシックスが理解できるコツ

英語の古典いわゆるクラシックスは完全に理解しようとすると

超難しい

です。※古典の定義がわかりませんのでここでは現代作家の本でない本全部のことを差します。

時代背景、習慣、言葉、など様々な問題が出てきて、日本人としては他国の詳しい歴史を知らないので難しいのは当然です。例えば人前でa bathという言葉を発した男の子が哀れと言われてしまうような状況は、当時の時代背景や習慣を知らないと意味不明でしょう。

日本の作家で考えても例えば、

森鴎外

やたらと難しくないですか?だから、別に普通のことなのです。心に留めておいてほしいのは、

英語力が足りないから読めないわけではない

という場合が結構あるということです。


しかし古典は著作権切れでだいたいタダで合法で電子書籍として手に入る時代に、これを利用しない手はありません。
ですから、ここで、コツを書いておきます。

クラシックスを理解できるコツ

@理解6割で十分と考える(爆)
理解するコツと書いといて、いきなり理解6割、つまり4割も理解できなくてもOKと書くとは(爆死)
でもこれが最も大切なことです。
森鴎外も普通にざくっと読んだら理解6割程度です。だから古典は理解6割で良いのです。たまにクラシックスでも夏目漱石のように理解9割近いわかりやすいのもありますので心配ご無用。
理由は、理解できない表現やパートは、本筋とほとんど関係ない場合がほとんどだからです。そこを完全に無視して突き進む大胆さこそがクラシックスを読破するコツです。
どうせタダ、6割分勉強になって、しかも名作の筋がわかれば儲けもん!


Aオーディオブックを利用する
クラシックスであっても、オーディオ(特に読み手がキャラごとに代わっているようなもの)で聴きながら読むと理解が2割ほど増すように感じます。LivriVoxとかいいう神サイトという記事に書いたサイトから拾ってきてください。

あなたが神か?

とつぶやいてください。
時間が余計にかかってしまうという人は倍速などにすると良いでしょう。オーディオブックの利点は、音声を1.2倍速〜2倍にすることで、読むのが遅い人や細部が気になってしまう人でも一気に進め、2倍なら速読の訓練にもなるという点です。


B解説を英語で読む
例えば私が以前にキャラ別に録音してあるオーディオブックで感動したと書いたA room with a viewという超有名とは言わないレベルの名作クラシックスでもGrAde Saverというサイトには解説と考察まであります。私が学生時代に1年かけて考えた考察よりはるかにグレードの高いものが英語で書いてあったりしてビビッてしまいましたよ(英語はリアルにまったく出来ないのに何故かそういう学科に入っていました、そうです私の場合は基本的に翻訳書を読んでいただけです←)。
かなり多くの作品の解説があり、なんと作品によっては理解度テストみたいのも用意されちゃっています。

あなたが神か?

また出ました、神サイト。日本だと神サイトはスグに商業ベースな活動へ移行してしまうのですが、さすが大陸の方々は太っ腹、完全無料です。


C映画やグレードリーダー、最悪翻訳の補助に頼る
例えば大筋すら理解できなければ映画を観ればよいのです。それも英語学習ですし一石二鳥。
簡単に書きかられたモノを買うのでも良いでしょう。
最悪、翻訳があるのですから、理解できない何てことは絶対にありえないのです。翻訳本を流し読みしてからオーディオのサポートを受けつつ原作を読めば6割はわかるはずです。


※昔の人は2冊買って、1冊は表現を覚えるために赤を引く用にしていたなんて話もあるくらいですから、ただ読んでいるだけでは表現のインプットにはならないと思います。
Kindle Paperwhiteが一番リズムを崩さず英語の表現を調べながら読め、amazonの本なら勝手に単語帳を作ってくれるので最もおススメです。他には読書の流れは少し切ってしまいますが、kindle Fire HDなどのタブレット端末の英英辞書アプリが調べ易い上に例文の発音も豊富なのでおススメ(特にOALDは最高です) |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
posted by yozamruai at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教材レビュー>Reading | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月29日

効率を最大値まで上げる現代テクノロジーを駆使した英語学習

(幼少期を過ぎた者にとっての)外国語は

大量に繰り返しを継続する

ことでしか身に付きません。もし万が一他に何か方法があるのなら100万円でも1000万円でも払うから教えてくれって感じです(1000万円は無理でしたチーン)。

そこで、

とにかく効率を上げる

ことが継続するためには大変重要となります。

現代のテクノロジーの進化は素晴らしいです。想像を超えていてしかも物凄い速さでそれが訪れています。

便利なテクノロジーを利用しない手はない

とは思いませんか?

まずは歴史をたどりましょう。

英語学習紀元前
電子辞書誕生!
英語学習にハイテクノロジーが個人レベルで利用され始めるキッカケだったのではないでしょうか。ただし、安い電子辞書で一語の意味だけを簡単に調べるというあまり学習効率の良くない罪ももたらした、神か悪魔かわからない面のあるテクノロジーでした。
パソコン普及!
ドリームキャストでネットをしていた時代がある私です、当然パソコンが我が家に来た時は驚きました。パソコンを使いネットへ入れば、英語という大海原へ誰でも飛びこめる時代の到来でした。
それと同時に、英語の学習法というのが個人レベルで開発されサイトやブログで発表されることにより、今までは仮説でしかなかった色々な学習法を、体験という裏付けをもとにした信頼できる学習法が普及していきました。反面、学習法の種類が増えすぎて初学者が迷うという罪ももたらしました。
DVD普及
音声切り替え、字幕表示が手軽にできるという映像を利用した英語体験を学習と言っても良いレベルに押し上げました。私は前も書きましたが、これはあくまでも息抜きと考えていますが。

そして21世紀になり・・・

英語学習ファーストイノベーション
iPod襲来
全世界の英語学習者が涙を流して喜んだという(想像)、iPodのポッドキャストはもう語る必要はないでしょう。英語音声が自由に好きなだけタダで手に入る時代をapple創始者スティーブ・ジョブズは切り開いたのです。sonyのウォークマンもそれに続きました。スピード調節機能など音のクオリティー面では常にipodをリードしています。

英語学習セカンドイノベーション
kindle発生
世界最大手通販会社amazonが、電子書籍端末を爆発的に広めました。日本が利権で争っている間に電子書籍界を席巻してしまいました。洋書がタダ\安く手に入る時代へ突入し、同時に読みながら端末の辞書機能で比較的容易に単語の意味を調べられるようになりました。ついでにamazonはaudibleという英語の朗読音源を売り出すことにも積極的だったために、オーディオブックという概念がここ極東日本にも渡来し、これまた英語学習者を歓喜させたのでした。

英語学習サードイノベーション
iPhone/スマートフォン普及
スマートフォンで手軽にアプリとし英語の辞書を使えたり、ネットに接続できる時代が来ました。twitterなどのSNSを利用して英語を発信したりと、いままさにネットを通して様々な学習法が日々開発されている状態です。しかし、小さい端末という制限があるため学習での使い勝手の面で課題が残る部分が多くあります。

英語学習カレントイノベーション
iPad/Kindle Fire HD/タブレット怒涛の進撃
全国的に英語以外の学習スタイルそのものにも影響を与えている、タブレット端末の進撃が始まりました。まさに進撃と言える普及率の伸ばし方をしてます。英語学習に関してはアプリの開発が日夜進んいて、まだまだノビシロが感じられます。


では、ここから現在考えうる限り最も効率が良い英語学習テクノロジーは何かを検討していきます。
持っておくと確実に英語学習の効率が上がるガジェットやソフトやアプリという感じです。

@iPod/ウォークマン
音源を大量に所持することは絶対に必要です。個人的にはSONY ウォークマンの方が良いと思います。理由はスピード調節機能があるからです。日本で手に入る英語教材の音源はあまりにもスピードが遅いものが大半なので、「大量」に「繰り返し」=多聴をするためにも何回目かからはスピードを上げた方が時間的効率も、学習の質も上がるからです。
ポイントは、完全に英語学習専用マシンにしておくことです。音楽も入れると誘惑に負けますから。

AKindle Paperwhite
wifiだけのモデルなら1万円もしないので、絶対持っていた方が良いです。電子書籍で多読を安くすませることができ、さらに辞書機能も大変優れているので超おススメです。

BiPad/Kindle Fire HD
まず書籍を読むためには向きません。その目的がメインなら許容範囲になりましたが、個人的な意見としてはまだ買わない方が良いです。漫画や雑誌用です。
一方、英語プレゼンサイトTEDのディクテーションが出来るTEDICTオックスフォード現代英英辞書のアプリのクオリティーの高さたるや溜息がでます。それに英語で動画を気軽に見るという点でもパソコンをいちいち開くのはおっくうですが、タブレット端末なら寝転がりながらでも手軽に見られるという点で、非常に便利です。
個人的には英語学習も考えているならkindle Fire HDか新型のHDXが良いと思います。まず値段が圧倒的に安いですし、アプリが制限されている分逆に英語学習には必要十分な機能を迷いなく選べ、kindle Paperwhiteとの連携も取り易いからです。

Cスマートフォン
手元に辞書をおいて置ける安心とtwitterなどの方法で発信にも使えるから使いこなせれば英語学習に使えます。タブレット端末を常に持ち歩き色々なことに使いこなせる人は別に必要ないかと思います。

DPower-DVD
パソコンの有料ソフトです。DVDで多聴したい人はあったら便利かと思います。DVDの字幕を日英両方同時に出せたり、上に字幕を出せたりとDVDの観方を色々変えられます。効率を上げることに貢献するでしょう。


地道に本で読み、紙に書く学習するのも非常に大事なことです。特に初期の段階では。
しかし英語学習は上達するためには大量に繰り返しを継続しなければなりません。この忙しい社会で地道に英語体験の量を稼ぐのは至難の業です。
元々使用環境面、言語的音声面の相性で圧倒的に不利な状況にある日本人は、得意分野のテクノロジーを最大限に頼るのが大量に繰り返しを継続するための最善策と考えます。これだけのテクノロジーを手軽に安く手に入れられるのも日本に住んでいるからなのですし。

勝ちに行きましょう! |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
posted by yozamruai at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習>学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語のマジックナンバーは1万。10000でブレイクスルーの様子

以前、英語は最低毎日2時間触れなければ上達しないと書きました。
では、

上達

とはなんぞや?

上達とは、プラトー(伸びが感じられない平地の状態)から抜け出すことです。

語学とはどうやらプラトー、テストの点や実感としても停滞期間がかなり頻繁に、しかも比較的長く続きます。

実力が上がれば上がるほど、このプラトーの期間は長くなるようです。大げさな話、年単位です。

そんな非情な性質を持つ英語学習だからこそ、

これくらいで、これくらいになる!

という数値のようなものがやる気を維持するためには重要になります。
英語学習は目的意識を持ってある程度の量を継続さえできれば誰でも出来るようになるという意味では、モチベーションが8割とも言えるものですので。


その革命的な数字は、


1万
10,000

のようです。これくらいで、英語はまあ大丈夫です!と言えるレベルには達します。


単語10000語(英検1級合格ライン)
学習時間10000時間(一般的に3000時間と言うが、実感としてその3倍強)
本10000ページ(一般的に100万語と聞くが、それでは明らかに少ないので特に根拠はないが1ページ300語だとすると、300万語、200ページのペーパーバックを50冊みたいな感じから推測、学習時間と同じく一般で言われている3倍)
TOEIC満点までTOEIC10000題(とTEX加藤さんという有名TOEIC講師の方のブログに書いてありました)

不思議なことですが、1万でちょうどブレイクスルーが起きる数字のようです。

書いてて思いました、

数がでかすぎて計算も記録もできねぇ

|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
posted by yozamruai at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。