最近の記事
2015年03月19日

本当に力がつく英語学習を考え直す

このサイトもそろそろ閉鎖すべき時期がきたように思います。
というのも、世に有益となることを発信できればと思って始めたものですが、振り返ってみると英語学習に関して時には遠回りになるようなことも書いていたかもしれないからです。

考えをまとめスリム化し、現在たどり着いた境地を以下にさくっと書いておきます。

英語学習の核
@音(発音・イントネーション・アクセント)
A語彙(単語・熟語・コロケーション)
B文法(構文含む)
Cアウトプットの場

英語学習の流れ
イ: 読んで聞いて理解する
ロ: 声に出して覚える
ハ: 繰り返して身につける

まとめると、@音、A語彙、B文法を地道に身につけ、Cアウトプットの場でそれを試しつつ試行錯誤していけば英語は必ず身に付きます。その際に、理解する→覚える→身につけるの流れをしっかり分けて考え取り組むこと!英語が苦手は人は、「理解する」の段階をあいまいにしています。
「覚える」と「身につける」を分けている理由は、ほとんどの英語学習者は英語を「覚えた段階」で満足し、英語が「身についていない」からです。良く考えてみれば楽器などでもそうなので当たり前なのですが、覚えただけでは使えません。これは英検1級1次を余裕でクリアできるレベルの知識を覚えていた私でも、使うとなると、パッと出てこないことばかりという実体験が何よりの証拠となります。「身についている」というのは、語彙ならHello、表現ならNice to meet you.レベルの状態のことです。

英語学習の具体的な方法
@音→
発音記号を学べる教材にまずは2週間取り組み、その後ことあるごとに振り替える
以下の2冊以外はいりません。教本を先に、英語がだいぶ上達したら字典の方

その後は、CD付きの本などを用いて、常に声に出すことをおろそかにしない
方法としては、音読、シャドーイング(以下の本に真摯に取り組めばTOEICリス満点の力がつきます)


A語彙→
中学レベルの語彙は、簡単な文の音読を通して学ぶ(音読を20〜100回)

それ以後は各資格試験など、「目標に合わせた単語帳」である程度機械的に覚える
方法としては、音読、自分で表現を使い文を作るの二つ
目標の試験が終わったら、洋書/英字新聞などを読み知らない単語をリストアップして覚える(一生続ける)

B文法→中学レベルは公文の本など簡単なのを例文を声に出しながらさらっと終わらせる(2~3週間)

それ以後は大学受験センターの文法9割レベル、TOEICのPart5を9割レベルまでを目指し、
(1)文法問題集
受験ならvintage、TOEICならイクフン

(2)瞬間英作文
世に出ているものどれも一緒ですのでCD付きならどれでもいいです。多少不自然でも構いません。なぜなら英文法を身に付けるための素材ですから。間違って覚えてしまうなんてことは発生しません。
(3)読解訓練
伊藤和夫シリーズがおすすめですが、これもどれでも構いません。受験生が1冊はやっておくべきです。
を通して身に付ける。
方法としては、文法を身体にしみこませるために、例文を音読したり、間違えた問題の英文を暗唱したり、覚えた文法知識で自分で文を作ったりする。読解訓練は文法の確認と言えます

英語を身につけるコツは、「大量・繰り返し・継続」となります。以上の学習で、大量のインプットを繰り返し継続的に行い、それをアウトプットする場を設ければ完成です。

Cアウトプット→留学、独り言、レアジョブなどのオンライン英会話、TOEFL/IELTSのスピーキング対策本の質問に答える練習、日記、英検1級/TOEFL/IELTSのライティング対策本の練習



最後に、やめといた方がよい学習を理由とともに列挙しておきます。

・TIMEなど高尚な雑誌で学習→リーディング力は確かに伸びますが、その前にCのアウトプットにもっと力を注ぎ幼稚園児レベルはしゃべれるようになった方がいい
・聞き流し→断言します、基本的に意味ないです。TOEICリスニング満点取ったくらいから初めて聞き流しても多少の効果が望めるという程度で、学習効果を期待するほどの意味はないです。
・長文の和文英訳→かかる時間ともたらす効果を考えれば、とても非効率的です。京大に行きたい人以外はやめましょう。
・とりあえず留学→中学レベルの文法と語彙だけでも覚えておくと(身に付けるまではいかなくとも)、10倍くらい上達の速さが違うので、日本で3か月ほどみっちり勉強してからが良いでしょう
・TOEIC990狙い→860辺りからはTOEFLに移行した方が英語の総合力にとっては遥かに貢献すると思います(自分はTOEFLはだいぶ後からなので実体験がないので確信はない)。ただ、速読の能力を得るために950くらいまで頑張るのは良いかもしれません。
・週2の英会話→コツのところで書きましたが、「大量・繰り返し・継続」という唯一無二のルールに基づいて考えれば、週5ならまだしも、週2では英語はほとんど何も身に付きません。週2で得るものがあるのは、かなりの上級者になっている人です。

|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:英語学習法
posted by yozamruai at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習>学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアジョブの効果 TOEFL対策として

レアジョブ始めました。

以前ベストティーチャーというライティングからオンライン英会話につなげるサービスをやっていましたが、あまりなじめず実力を伸ばせませんでしたが、レアジョブは私に合っているっぽいです。
ただし、レアジョブに関しては今回は明確な目的をもって取り組んでいることが大きく起因しているので、どちらのサービスが優れているかという話ではありません。どちらも一長一短で、使い手の使いようという感じです。

さて、レアジョブで何をしているのかというと、

TOEFLのSpeakingの練習です。

TOEIC900を超えてから、ちょこちょこ勉強は続けているのですが、はっきりいって頭打ちしており、いまだに喋りはみじめなものです。そんな状態を打破する意味も込めてTOEFLへのチャレンジを決めました。
TOEFLを解いてみると、Readingは英検1級より簡単で、スピードを求められますが、TOEICほどの超速というわけではないのでさほど難しくはなく、むしろ内容もそこそこ面白いので楽しいです。Listeningは沢山聞くのと覚えておくのが大変ですが、メモの練習などをして頑張っている最中です。

一方のSpeakingとWritingは、もう不安しかありません。
SpeakingのTask1は15/45という15秒で考えて45秒で話し切るというかなり難しいタスクです。

Intro
Reason1→support(example)
Reason2→support(example)
(Conclusion)

というような、英検1級二次試験で2分かけて話す内容を45秒で話すのが理想のスタイルという感じで、とにかく時間制限以内に内容のあることを話すのが大変です。
内容自体は、夏と冬どっちが好きかとか、外食と家で食べるのどっちが好きかみたいな簡単なものですが、この時間内に話し切るのはハッキリ言って相当難しいです。
自力で本も買って練習をしていて、すぐに気づきました。これは今の自分では無理だし、勉強の仕方として今のやり方では上手くなるか怪しいと。

ということで、オンライン英会話に頼ることにしました。
レアジョブを選んだ理由は、
@講師によってTOEFL対策を実施しており、その講師の数がおそらく一番多いので予約しやすい
A100分プランという一日4コマのプランがある

今のところの感想としては、

スゴク良い!

講師の先生によってだいぶ質も違うしスタイルも違うのですが、TOEFL対策としては色々なtipsを教えてもらえて、講師の先生なりのコツのようなものを知ることができ、それを参考に自分なりの練習法を確立できそうです。ガンガン問題をやらせる先生と、一つの問題の解答をじっくり一緒に考えて作っていく先生がいます。
会話をすることで、自分が言えないすぐに出てこない表現や文法パターンがわかり、何を覚え身に付けるべきかがハッキリするので、会話上達にはやはり会話の数をこなさないといけないというですね。

レアジョブの悪い点も一応書いておきます。

講師の先生の環境によって、音声が聞き取りづらいです。TOEICでは満点取っているので自分のリスニング能力で先生の話を聞き逃すということはないはずですが、やけに聞きにくい時があり、それは発音のせいじゃなく、機材的なもののせいで音自体が聞きにくくなっている場合があります。これはおそらく、レアジョブは講師の先生の自宅からのレッスンの場合もあるため起きていることだと思います。まあ、ほとんどの先生の声は非常に聴きやすく、なまりというのもちょっとフィリピンの独特の甘い感じの音が混ざる先生もいる程度でみなさんとっても流暢で、多くの先生より年上にも関わらずまだまだなワタクシの英語に、自分が恥ずかしくなるばかりでございまする。少なくとも日本人のほとんどの先生より遥かに上手いですので、英語の質という意味では問題ないでしょう。

レッスンの質という点では、やはり歴が長い先生は上手です。歴が短い先生だといきなり始まってガンガンすすめるみたいな場合があるので注意です。まあそれも、先生も必死なんだなと思ってしまえば大した問題じゃないと思います。


ということで、
レアジョブはおすすめです。少なくとも目的をもって取り組めばかなり利用価値があります。
レアジョブのTOEFLレッスンは楽しいというより、結構大変なんですが、力がつくなぁと自分で実感している次第であります。君はahが多いからそれをカットしなさい!とか言われてズキンとしたり、if-clausは時間が掛かるから出来るだけ使わずに文を作りなさいなどと言われナルホド!となったり、とっても勉強になります。

Writingはまた別のサービスを検討中です。長年色々自力でやってきましたが、やっぱり見てもらうことも必要だと実感していますので。
|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:レアジョブ
posted by yozamruai at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skype英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。