最近の記事
2015年03月31日

使うための英語にはコロケーションとパラフレーズの学習

ある程度意思疎通は不自由ない状態になったあと、ワンランク上の使うための英語を身につけるには何が必要なのかをずっと考えていたのですが、その秘密がどこにあるかようやく発見しました。

コロケーションとパラフレーズにありまぁす!

え?知ってたって?そうですね、、、今の学習理論では常識的な知識でした。
でも知っていたとして、どうやってこれらの力をつけるかについてはあまり詳しくないでしょう?
そこで私の出番というわけです。なんせ常に自分が実験体ですので、リアリティーだけはあります。

TOEIC900くらいの力はあるけどスピーキングの表現が乏しい人というのは、割といると思うのですが、そういう人に向けた内容です。自分の表現力がどのくらいかわからない人は、TOEFLのスピーキングの練習をやっていると、いかに自分の発信語彙が乏しいかわかりますのでぜひ試しに10問くらいやってみてください。
私の場合は、コロケーションとパラフレーズに力を入れ始めたら、だいぶ表現が豊かなものになってきました(もちろんまだまだ乏しいので日々鍛錬しております)。以下にコロケーションとパラフレーズを鍛えるための最高の教材を載せておきます。秘密にしておきたいくらい使える教材です。取り組むとビックリすると思います。コロケーションとパラフレーズは、基本的には表現が出てきたその都度しっかり覚えていくことや、辞書やシソーラスを使い増やしていくのが一般的ですが、以下に紹介するのは、ちゃんと勉強するから一気に増やしたいよという方に向けた教材です。


コロケーション(すべての日本人対象)

3択でひたすら基本的なコロケーションを学びます。ブックオフで二冊発見したときは、あまりの出来の良さに思わずガッツポーズをしましたね。CDがないのが残念ですが、日本人的に迷うコロケーションの基礎を網羅した唯一の書籍です。本当に2015現在では唯一無二の存在で、もっと有名英語講師さんに頑張ってコロケーションの練習本を作ってほしい。

パラフレーズ(すべての日本人対象)

洋書の和訳が付いた版です。洋書でも問題ないのですが、和書の方が見た目が使い易いです。近い類の語の使い分けを身につけるのに適しています。レアジョブのやたらパラフレーズが上手い講師も使っていたので間違いないです。ボキャブラリーの幅が広がります。

コロケーションとパラフレーズ(英検1級レベルを発信語彙で使用したい人向け)

また植田一三さんかとお思いのあなた!この本は完成度高いですよ!!パス単などである程度英検1級の語彙の意味はわかり、試験問題は安定して20/25くらいは解けるという状態でこそ威力を発揮する本です。易しい語彙と難しい語彙が語彙レベルごとに細かく分けられてシソーラス的にまとめてあったり、英検1級語彙にコロケーションを複数つけていたり、句動詞を近い意味ごとに複数まとめてあったりと、とにかくまとめ方が凄いです。よくぞここまで整理してくれた!という感じで書店で思わず吹き出しました。植田本にしては見やすいレイアウトで、さらっと読むだけでも勉強になりますし、音源も充実しています(ただし音源にいちいち日本語でタイトルが入っているのが邪魔です)。これと同じタイトルの準1級のがあるのですが、そっちは工夫がなく全然ダメでした。これだけ異彩を放っています。


コロケーションとパラフレーズ


最初はおすすめはしないけと使えると紹介していましたが、読み込んでいくうちに、非常に有効だと感じてきましたのでこちらの欄に移しました。というのも、TOEFLスピーキングの練習中にここで触れた用法(まだ覚えたレベルまで取り組んでいない)がさっと口から出てきたのです。
間違いなく内容は良いのですが、文字が詰まってて異常に読みにくいです。音源もないし、本としてはあまり完成度が高くないと言わざるをえません。ただ、中に書いてあることは確かに勉強になります。ただ、これ覚えられるのか?という疑問が湧きます。自分で書き出して整理するなどすれば大化けするかもしれません。
この本の内容は、昔出ていた植田本のスピーキングスキルアップという本の動詞のパートを拡張したものが前半で、それに形容詞などのパートを同じく類語でまとめたというものです。おそらく声に出しながら3周くらいしてから身に付くと思います。ぎっしり文字が詰まってて取り組むまではためらいますが、始めれば思ったほど時間がかからないので、おすすめです。


おまけ(おすすめはしないが、使えるには使える)
パラフレーズ

多作すぎるデイビッド・セイン氏の本なので、まあどこかで見かけた内容もあるかもしれませんが、まとめとしてそこそこ読みやすいです。2日くらいで読めちゃう軽い内容ですが、形容詞の整理に良いと思います。おすすめはしない理由は、音源もないし、内容量に対する値段が高いからです。内容自体は良いです。



その他の訓練としては、TOEIC、TOEFLの試験勉強で出会うフレーズを自分で使うつもりでアウトプットを意識して覚えていくとパラフレーズやコロケーションが増えます。特に両試験は実力がついたら後はパラフレーズ勝負みたいな試験ですので、パラフレーズ力を上げるには最適と思います。TOEICはビジネス寄りの表現が多いので、日常で使用するパラフレーズを増やすならTOEFLの勉強が大変おすすめです。
他には、要約などを自分の言葉ですると良いです。構文を変える形のパラフレーズならが、当然構文/文法を声に出しながら勉強するという方法もあります。

コロケーションとパラフレーズに力を入れるとアウトプットの質と量が向上すること間違いなしですので、お試しあれ!! |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
posted by yozamruai at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教材レビュー>Speaking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。