最近の記事
2014年03月25日

英語習得の真実 暗記し忘れて、大量に繰り返しを継続するだけだった

世の中には様々な英語学習法があり、私はそれらの多くを参考にした上で英語学習をしています。

結構大変なんで、何か効率的な方法はないものかと考えたりもしますが、結論はどうやら以下のようです。

英語習得の真実

@言語は覚えなければならない
当たり前すぎるのですが、発音や単語や文法は日本語と全然違うため、ある程度じっくり時間をかけて、しっかり覚える必要があります。
結局、口をついて出てくるくらい習得したフレーズしか会話では使えません。使えるフレーズの脳へのストック量が全てなのです。

A言語は使っていないと忘れる
言語は使わないでいると忘れます。使わない漢字は書けなくなり、古典や漢文で習ったことはその後そっち方面へ進まない限り、綺麗さっぱり忘れます。特に浅い記憶の段階で止まっている言語は消えるのです。英語も単語や文法、大げさに言えば学校で一日50分しか触れていないような状態で覚えたそれらはいずれ「完全に消滅」します。そっちの方面へ進むか、社会人になり必要となった人、または勉強しなおした人だけが覚えられます。学校教育程度で外国語を習得させることが難しいのは、何も文科省や日本の英語教育者たちがイカレテイルからだけということではないようです。

B言語は大量に触れる必要がある
一般的な日本人学習者にとって何が足りないかというと、とにかく量です。日本人ならば、英語を身に着けようと考えるならば、今学校や生活で触れている1万倍以上は楽勝で超えるくらい触れないとまったく足りません。日本の環境なら一般的な100万倍くらいでようやく英語ができてくると考えています。

C言語は繰り返してしか覚えられない
頭のいいと言われる人や高学歴の人が案外英語が使えない理由は、彼らは英語を比較的簡単に覚えてしまったからだと予想されます。頭脳で比較的簡単に文法や単語を覚えることができれば、大学入試試験程度の内容の死語(は言い過ぎとして、止語かな)である英語では合格点が取れます。むしろかなりハイレベルの問題は英語を母国語とする人でも解けません(ハイレベルな和訳や、京大などに代表とされる和文英訳を英語ネイティブが書けるでしょうか?)。
しかしそういった人の知識は、人間の宿命として、その後よっぽど利用する環境になければ比較的早くその多くを忘れてしまいます。つまり留学したり英語系へ進む人以外にとっては必要のないものとして脳が消すわけです。覚えは良くても、長期記憶できるかどうかはまたまったく別の能力ですし、まあ当たり前といえば当たり前の理屈として消えていくのです。
一方、あまり覚えが良くない人で、繰り返し繰り返し音読したり暗唱したりして、口で身体で泥臭く覚えた人は、それが手続記憶と呼ばれる技能みたいなものに「昇華」しているため、よほど使っていなくても、身体に染みついているためある程度は残ります。
あれもこれもと英語の教材に取り組むより、一つのものにじっくりと取り組む方が定着という点で遥かに有利です。英語の本にしても、学習効率という観点でみれば同じものを何度も読むべきです。
使えるフレーズを脳にストックする必要があるので、つまり繰り返す以外は言語を習得するすべはないということです。

D言語は継続してしか覚えられない
たとえば一日20時間英語に触れるのと、一日2時間を10日続けて英語に触れるのとではどちらが英語力養成につながるかといえば、後者であるのは言わずもがなです。というより、単発的に長時間英語に触れても実力養成という観点からはほとんど意味はありません。
少しずつを毎日継続することで、脳に英語がストックされていくわけです。


あまりにも当たり前のことを書いていますが、この当たり前を英語教育の世界ではゆがめて、それ以外の楽な道をねつ造することで商売を成り立たせるということが行われ続けています。

やるべきことは決まっています。莫大なお金をかける必要はまったくありません。

自分で色々資格試験などについても書いてきていますが、今わかったことは、こういったものはあまり意味がなかったということです。負の遺産(遺産というほど使える情報もなかったが)として反省を込めてしばらくは残しておきますが。
英語を使いたいならば英検やTOEICや受験という観点は捨てましょう。ねつ造の渦中にある取り組みに足をすくわれる必要はありません。もちろんこれらも害悪がある反面、短期目標設定としてはある程度使えるものではありますが。

やるべきことは次の記事にて。
スポンサードリンク
|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
posted by yozamruai at 02:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英語学習>学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前からの読者です。

>あれもこれもと英語の教材に取り組むより、一つのものにじっくりと取り組む方が定着という点で遥かに有利です。英語の本にしても、学習効率という観点でみれば同じものを何度も読むべきです。

⇒yozamurai様は英語をリーディングとか単語とかに細分化して、様々な教材に取り組んでいたイメージが強かったので、こちらの発想はちょっと意外でした。

>自分で色々資格試験などについても書いてきていますが、今わかったことは、こういったものはあまり意味がなかったということです。

⇒この様な思考の変化もかなり意外です。よろしければ、考え方が変わったきっかけの様な事も知りたいです。
Posted by soraya at 2014年03月25日 06:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。