最近の記事
2014年07月26日

英語のアウトプットの練習

英語の習得において日本人にとって一番厄介なのが

アウトプットの学習・方法がわからない

という点だと思います。

自分も日々悩んでいます。

ある程度の文法知識が身に付いた初級の段階では、

和→英の瞬間英作文

で少し口が回るようになりますが、それも英会話の観点からすればささいな上達です。

その後に、

使える定型句(チャンク)を増やす

ことでようやく会話らしい会話になってきます。受験時に覚えた人もいるでしょう構文にも読解用の文法的すぎるものから会話に使えるチャンクも混ざってありますね。

結局この後って、自分で使いそうな場面で使えるフレーズをアウトプットできるクオリティーでインプットしまくるしかないんでしょうね。
しかも使わないと忘れてしまう=インプットの質が下がるので、アウトプットの機会も積極的に設ける必要は絶対にありますね。

もの凄く当たり前のことだけ書きましたが、アウトプットの学習の本質とは、インプットをしっかりやって、そのインプットの質を下げないようにアウトプットの機会を必ず設けるということなのかもしれませんね。

アウトプットの機会というのは意外とたくさんあります。
・簡単な語を説明し英英辞典で調べなおす
・頭の中で英語で考え事をし、知らない表現があれば調べる
・電車の広告など目に入ったものを英訳し、知らない表現があれば調べる
・ドラマなどのセリフを英訳し、知らない表現があれば調べる
・オンライン英会話でうまく言えない表現があれば調べる
・日記を書きうまくかけない表現があれば調べる

アウトプットには常にその最中、その後のインプットを伴ってこそ力が伸びるといえますね。ただアウトプットしているだけだど、現状維持な気がします。
スポンサードリンク
|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
posted by yozamruai at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教材レビュー>Speaking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402641566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。