最近の記事
2015年02月28日

TOEICの本だけと、TOEIC以外に役立つ本

TOEICを受けるので、久しぶりにTOEICの本で学習しているのですが、本当にここ最近は色々な種類の本が増えましたね。そんな中で、TOEIC得点アップ以外の英語を使うことに貢献しそうな本を紹介します。

英語を使うには語法が重要です。

大学受験でも年々語法を問う問題が増えています。

TOEICでも語彙問題と文法問題がありますが、その中に語法問題と言えるものがいくつか含まれています。

その対策本は、TOEICだけでなく、アウトプットにとっても良いので、大変お得なものだと私は思います。
もちろんTOEICの得点アップという観点から考えると、文法などの問題が8割以上ははコンスタントに取れるようになっている状態、だいたい800点以上は常に取れるくらいになっている学習者にとって有効という話で、それ以下の学習者は、文法と語彙の基本的な部分をもっと強固にする必要があるとは思いますが。

以下の3点がTOEIC以外にも有効と考えます。
ユ・スヨンのブレークスルー990 TOEIC TEST 語彙・熟語・コロケーション1000問ドリル

少女時代みたいなおねーちゃんが表紙かつ著者らしい怪しげな本ですが、あのイクフン本を日本に紹介したスリーエーの本です。結構ゴリゴリ問題を解かせます。
この本は、その名の通り、TOEICの語彙・熟語・コロケーションにだけ注目した1000問を集めたものです。つまり時制などの文法的な知識を問う問題は一つもないのです。
TOEICはビジネス単語中心に、一応日常会話で用いられる易しめ単語が多いですが、語法やコロケーションは決して簡単とは言い切れません。それらの対策兼、アウトプット用として使い易いです。

TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】

こちらはさらに語法中心で、先ほどの本より文法的なニュアンスが強めですが、誤用しがちな部分が理解できます。超上級とありますが、それほど難しい内容ではなく、ただ単にTOEIC試験で間違えやすい問題を集めたという意味での超上級という感じです。音声もダウンロード出来て便利です。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

こちらは言わずと知れた本のようですので中身の解説は省きますが、一言でいうと、TOEIC頻出単語の本です。
なぜTOEIC以外にも役立つかというと、アウトプットに使い易いからです。日本文があって、ターゲット単語がフレーズから抜けていて、右ページで確認するという、アウトプットしやすいレイアウトになっています。こういうレイアウトのTOEIC対策の単語本は私が調べた限りはこれしかありませんでした。単語レベルは前半は易しすぎますが、中盤からは程よくTOEIC900点辺りの人でもアウトプットはできなそうなものが多く、勉強になります。


というような形で、TOEIC学習中も常にアウトプットを意識しています。これはTOEIC得点を上げることだけを考えればやや遠回りになる可能性もありますが、使える英語力向上という意味では、正しい学習なのではないかと思っています。
使える英語力を目指した学習なら試験で言うならIELTSやTOEFLへ行けって?確かに。ただ、あれらのテストは値段が高すぎますから。
スポンサードリンク
|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
タグ:語法
posted by yozamruai at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教材レビュー>Vocabulary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414829623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。