最近の記事
2015年03月30日

センター試験の英語

センター試験の英語に関して。

センター対策というのをしたことがなくても、英語をしっかり学んでいる人はセンター試験で9割以上は確実に取れる。私もセンター試験について勉強というのは生まれて一度もしたことがないが、ここ10年くらいほぼ毎年新聞で解く限りでは9割を下回ったことは一度もない。万が一間違えても1,2問で、大抵はアクセントの勘違いかケアレスミスだ。学生もセンター試験模試である程度点が取れる人は、必ず本番でもある程度点が取れる。

つまり英語に関して言えば、センター試験というのはとても簡単な試験である。ほどほどの英語力があれば対策をする必要すらない試験なのだから。

だが、100点に満たない点をたたき出す学生が全国で後を絶たない。日本の学生の英語力の平均は、会話に関してはほぼ能力ゼロとして、紙ベースの易しいテストでも決して高くはないようだ。センター試験の平均というのも毎年120点前後のようである。

そこで、ほどほどの英語力、つまりセンター試験で8割以上を取るにはどうすればいいのだろうか?

@語彙
A文法
B読解
(Cリスニング)

アクセント問題を除けばセンター試験とは以上の三要素である(リスニングは音読をしっかりやって読解などでCDも使用していれば特別には勉強しないのが普通なので除く)。その中でも読解の点数配分が高い。


では、対策と呼べるほどのものではないスゴク当たり前のことを以下に書く。
@語彙
受験用の普通レベルの「単語帳1冊」と「熟語帳1冊」に真剣に取り組めば間違いなくセンターレベルの語彙力はつく。面倒ならDUO1冊で単語も熟語も覚えれば良い。ただしDUOは最初に例文の構造がある程度はわかる文法力のある人限定で使用すべき。読解も兼ねて速読英単語という本も良い。

A文法
Forestなどの「文法参考書1冊」を読みこなし、例文を音読する。Vintageなどの「文法問題集1冊」を最低3回望ましくは5回以上解き、間違えた問題は文ごと音読し、何度も間違えた問題は文ごと書いて覚える。

B読解
読解力は語彙力と文法力と慣れだが、以下の3点のアプローチを並行して行うと良い。
(1)ビジュアル英文解釈などの 「精読の本を1冊」を3周以上する形でしっかり取り組む。読み終えた文を音読する。読み終えた文を出来るだけ速く読み速読の訓練をする。
(2)「比較的簡単な文章」を初見で素早く読む(速読英単語初級など)。読み終わったあとわからない部分は精読で分析し、音読。
(3)「構文集」で構文を覚える(伊藤和夫の700、解体英語構文、英語の構文150など)。構文を覚えることは英作文にも力を発揮するが、受験レベルでは読解の正確さと速度を上げることにもっとも使える。



断言はできないが、今後続く果てない英語の学習と比べると、ハッキリ言ってとてつもなく簡単なことのように思える。この程度ができない人が大学という最高学府に行く必要があるのだろうか?行ってから勉強するのだろうか?もちろん英語だけ極端に苦手という人は結構いるが、やるべきことはここに書いた通りで誰でもできるのだから、英語が苦手というのは努力をしたくない人の都合の良い言い訳でしかない。

ここで身に付けた英語の基礎力は、必ずや後に役立つ。しいていえば、文法はペーパーベースで勉強しすぎると会話の際に頭でっかちになってしまって「ためらい」を生んでしまう面もあるのだが、語彙や文法や読解力は、今後の英語を身につけ使いこなす際の核になってくるのは間違いない。受験英語が役に立たないうんぬんの議論があるが、センターレベルでやっていることは必ず役に立つと信じて良い。

たかがセンター、本音を言えば、英語に関しては満点を狙ってもらいたい。なぜなら、後の世代はTOEFLなどが採用される可能性があり、アウトプットの力を含めるとまるで異次元レベルの力をつけてくる可能性があるからだ。つまり、センター英語レベルで苦戦していては完全に蚊帳の外になってしまう時代が迫っているということを自覚して英語学習に取り組んでもらいたい次第である。
スポンサードリンク
|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
タグ:大学受験
posted by yozamruai at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習>学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416473356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。