最近の記事
2013年12月21日

Kindle Paperwhiteの単語帳機能が凄まじい! 写真付

Kindle Paperwhiteの新しいバージョンに単語帳機能というのが付いています。

それがまさに英語学習者の夢の実現レベルの凄まじいシロモノです!

Kindle Paperwhiteはタッチ式のディスプレイで、ターゲットの単語を長押しするとその意味を設定してある辞書で調べられるのですが、
screenshot_2013_12_21T20_31_15+0900.png
そのように調べた単語がなんと、、、


勝手に単語カートとして登録されるのでぇす!
screenshot_2013_12_21T20_31_50+0900.png

電子辞書のヒストリー機能のようにただリストとして登録されるのではなく、


ちゃんと調べた本からの用例が付いてる上に、習得したか否かで分けられるのでぇす!!

screenshot_2013_12_21T20_32_13+0900.png

kindle3からのユーザー(途中魔が差してkobo touchなる電子廃棄物を買ってしまったこともありましたが)の私としては、夢の実現であります。
screenshot_2013_12_21T20_35_26+0900.png
私は英英辞書にしていますが、英和辞書もかなりの強力なものが内臓されているので、英語の学び始めの人でも完全に安心な端末になっています。

ただし、kindle3とかにあった英語音声合成機能は削られたので、読み上げには対応してません。その点だけは英語学習者としては少し残念です。まああまり使わないんですけど、結構リアルな音声だったのでもったいないかと。

とはいえ、総合点は100点です。これ以上何を失えば、心は許されるの。じゃなくて、これ以上何を望みますか?完成品じゃないでしょうか。
電子書籍端末、着実に進化してます。

まだしばらくは1980円のクーポンが付くようなので、買うならその間が良いかと。まあそうこうしているうちに新型とか出て安くなったりするんですけどねw

wifiを使える人は3Gである必要性はまったくありませんが、家でwifi使えない人は3Gですね。


ちなみにKindle Fire HD8.9のほうは、英語音声動画を見るのに大活用しています!iPadが買えない貧乏人かつアプリでゲームとかやらない人に限り是非おススメ!! |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:Kindle
posted by yozamruai at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kindle、電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月29日

なんだかんだでkindle Fire HDを使いまくっている件

kindle Fire HD 8.9(名前ながっ)
を先日何の目的もなく購入したとお伝えしましたが、なんだかんだでほぼ毎日使っています。

私は最近はDeath Noteのアニメの映画版と漫画の映画版とネットで拾ったスクリプトで勉強から逃避しつつ英語に触れていたのですが、Kindleさんも英語学習から逃避しつつ英語を楽しめるツールという感じがします。

例えばオーレックスの英和和英辞書のアプリ。これはスマホ用のようでアンドロイド端末などで使うものが元々の発端のようですが、kindleに入れて使ってみると、結構良くできているのです。

例文検索が日本語、英語、成句などからできるので、電子辞書より優秀です。kindleだと画面もデカいし、見やすい。

他にも英語ニュースサイトのアプリだとか、洋書無料のをダウンロードしたり、PDFの英語書物を読んだり、TEDなどの英語動画サイトを回ったり、PCを開かずに手軽に英語に触れられます。

今私はいわゆる

多読・多聴

のようなことをしていて(まあ楽してるというわけですわ)、机上で勉強はあまりしていないのですがwwそういう英語学習法が好きな人は良いかもしれません。

いや、まあ机上でしっかり勉強するのがもちろんベストですよ。はい、精読や英作文の際にはしっかり机上でやってますがな、心配いりませんわ。グスン

kindleである必要性はまったくないですが、何かタブレット端末を一つは持っていると、英語の世界は広がります。

|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
posted by yozamruai at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kindle、電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年06月24日

kindleか紙か。多読

kindleは多読のツールとしてはもっともコストパフォーマンスが優れていて学習効率も良いものだというのは間違いないでしょうが、中身についてはkindleで読むべきか、紙で読むべきか迷うものもあります。

そこで参考程度に、自分の場合どちらを選んだかを理由と共に書いておきます。

・現代小説→紙
kindleの方が安い場合もありますが、たいていはさほど値段は変わりません。とすると、現代ものならのちに良い値段で売れるなどの可能性もありますし、何度も読む気があるとして書き込みなどの可能性もあるので、自分は実際の本を買います。小説にkindleのtext to speechは味気ないので向いていません。愛着のある本はやはり紙で手元におきたい。ハリポタとかね。

・クラシック→ただならkindle、無料でなければ紙
クラシックはkindleならかなりの数が無料で手に入るので、当然kindleの方がいいです。

・英字新聞→kindle
自分は朝日の英字版を購読しているので、現在はkindleしか手に入りません(紙は朝日記事がなくなりヘラルドのみになった)。その他の場合もkindleならkeepしておいても邪魔にならないので、かなりの数を手元に残しておけるなどメリットがあります。新聞記事などは時にはtext to speechで聞き流すなどにも向いています。値段はkindleの方がたいていは安いです。

・雑誌→kindle
雑誌はカラーの方がよいので、モノとしては紙ベースの方が良いですが、kindleでサクッと広告なしで安めの購読料で済む点は見逃せません。あまりお金を掛けたくないので、自分はkindleですが、お金がある場合は紙の購読でいいと思います。

・英語教材→紙
教材系は勉強のしやすさからいって、kindleなど電子書籍はありえません。


私の嫌いな脳科学者が書いていたのですが、kindleはフォントの大きさを変えられるので、速読を自分のできる範囲から始めることができる点も良いとありました。胡散臭い人ですが、この点は確かにその通りだと思いました。自分が1行を一目で見渡せるギリギリの文字の大きさと幅にして読めば、速読ができます。慣れてきたら徐々にフォントを小さくしたり、幅を広げるというわけです。

kindleのおかげかはわかりませんが(この一年は英文解釈教室と朝日天声人語の英訳の精読とkindleでの英字新聞雑誌多読と小説は児童書の多読を熱心にというか日常に入れて学習していました)、ようやく英検1級のような文章問題も9割方正解できるようになってきました。kindleがなければこのうち半分以上は実現しない学習スタイルだったので、実際のところ実力アップに相当貢献したんじゃないかと思っています。


現在はこの状態を継続してリーディングは日常にして学習としては英文解釈教室を再び読む程度で、アウトプット中心、リスニングの細かい部分を聴くなどにシフトチェンジしています。

現在のkindleの評価は文字によるインプットの最高のツール、日本にいつつ文字によるインプットは留学と変わらない状態まで持って行ける唯一のツールという感じです。といってもipad2とか持ってないので、他と比べていない状態での評価ですが。


|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:Kindle
posted by yozamruai at 21:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | Kindle、電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月25日

kindleで単語学習 my clippingsという名の履歴

最近計画停電の際にkindleを読むことが多いのですが、今までいまいち使い切れていなかった機能の便利な使い方を発見しました。

My Clippingsです

一種の履歴なんですが、ブックマークやハイライトした部分がその書籍名と共に記録されています。

この昨日を使って単語学習を超効率的に行う方法に気付きました。おそらく金ドルユーザーの間では常識かもしれませんが、、、

いままではハイライトは知らない単語だけにしていたのですが、コロケーションを考えて、フレーズごとにしました。

そうすると履歴にフレーズごと載っているので、再確認した際に意味を思い出しやすく、書籍名も出るので、どのような場面で使われたかも容易に思い出せるというわけです。

しかもこのMy clippingsは、kindleをパソコンにつなぐとテキストとしてコピペできるのです。

ということは、エクセルなどを駆使すれば自分で気になってハイライトしたフレーズの単語帳が簡単に作れちゃうわけです!

とりあえずMy clippingsを見直して音読するだけでも相当単語覚えちゃうと思いますが、単語帳までやって徹底的に覚えたい人にとっては超便利な機能だと思います。

単語を何万語も覚えるつもりでいる人にとっては、当然市販の単語帳なんてものはいずれはゴミくずになってしまうので、自分自身で単語帳を作りなさいとどの達人もおっしゃりますが、kindleなら自分の単語帳を作る労力がかなり軽くなるのではないかと思いました。

話は変わりますが、なれとはおそろしいもので、kindleのtext to speechのfastは最初聞きにくいと思っていたのですが、長時間聞きすぎたせいか今ではこの無機質ヴォイスの糞はやい時々間違ってる英語も間違ってる箇所の予測が付くようになって、英字新聞程度のものなら聞き取れるようになりました。文学はさすがに考える余裕がないと頭に浸透しないんでこの速さだとパニクリますが。

ようするに、kindle熱が再燃しております。

|ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:Kindle
posted by yozamruai at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Kindle、電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。