最近の記事
2018年01月30日

中学生のうちに英検準1級を取る方法を考える1(中1〜中2)

中学1年で英検2級に合格する子は出てきたが、

中学生のうちに英検準1級を取る

子はまだ出てこない。失敗例として、早い段階で2級に受かったので、あとは語いだろうと、準1級のボキャビルを指示した子がいたのだが、その子の書く英文が、難しい単語を使おうとして意味不明になっていることが多いことに気づき、ボキャビルの時期を間違えてしまったケースがある。

英語の大前提として、

できるだけわかりやすい英語を使う


という基本が身についていなかったのだ。準1級にボキャビルはまちがいなく必要だが、それよりも

英語の核

をしっかり身につけさせるべきだったと気づいた。今回は、中1からどのように英語の核を身につけ英検準1級に中学生で合格する方法を本気で考えてみた。

続きを読む |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:英検
posted by ヨーデルワイス at 02:28 | Comment(0) | 英語人格>育成方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月28日

英検のCAN-DO視点からの信頼性はゼロ

英検は英語の試験としては優秀であるが、

CAN-DO視点からの信頼性は全くない

CAN-DO視点から、英検協会が示している実力を測ると、

合格者の合格級より2段下の級

が実際の実力である。言い換えれば、5,4級合格までは英語は一切使えず、3級合格で初めて英語を5級レベルで使え、1級合格で2級程度の英語が使えるという感じだ。
受験者視点で考えれば、実際は2段下の実力でも合格できるということだ。

これは、英検の合格が下の級は6割正解辺りから出しているからだ。6割正解とは、ほぼ4択テストで実際には4割もわからない部分があるということで、合格者であっても普通に考えれば協会が示すCAN-DOを達成できるはずがない。1級は8割以上の正解が必要だが、難関である2次試験で求められるスピーキング能力は、旺文社が示している模範解答とは違い、2級レベルの語いでしっかり話せる力である。

ここで一つ大切な事実が見えてくる。

能動的に使える英語を増やす(流暢さを鍛える)ための英語素材のレベルは、

受動的に理解できる英語より2ランク下程度

から始めるべきであるということだ。英検の真実を基準にしたのではなく、実際の日本で外国語として英語を学んでいる人間の一般的な事実がそうであるということだ。

Basic〜Intermediateの素材で流暢さを鍛える

べきだ。イメージとしては、こんなん簡単すぎるわ!くらいのものから自然に使えるようにしていくことが大切である。

英検のCAN-DOの信頼性はゼロだが、英検の英語素材を使い流暢さを鍛えることは十分できる。というより、世に出ている英語試験で最もレベル幅が適格で信頼性が高い素材とすらいえる。
具体的な方法としては、英検の合格級の2つ下を使い、たった5つのことをするだけである

@全ての英文を音読 → 一文ずつ暗唱
Aパート1の語い/文法問題を選択肢を見ずに解く
B長文問題を口頭で1分間サマリー
Cライティングの模範解答を音読後に模写
Dリスニングをスクリプトを見ずにシャドーイング(5,4級のリスニングは遅すぎるので不適格)

1級が終わったら、TOEFLの問題でこれに近いことを行うだけで英語力は驚くほど伸び、ようやく1級レベルの英語を使えるようになっていく(はず。自分がまだその域にないのと、語いに関しては1級の方が難しいのもあるから、はず)。 |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
タグ:英検
posted by ヨーデルワイス at 09:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月25日

文法参考書は、ジーニアス総合英語、アトラス総合英語、Vision Quest Ultimateの三択

今回は大学受験生向けの話。

英語学習のシンプル化1で、

文法参考書はなんでもいい

と正直な気持ちながら、やはりやや無責任な記述をしてしまったと思い直したので、自分が2018年の時点で最も良いと思えるものを絞り込みました。市場の全ての文法参考書(知りうる限りなのでおそらくですが)に目を通してた結果です。

社会人にならば、英文法解説(理解重視)、実践ロイヤル英文法(バランス)、一億人の英文法(感覚重視)
の三択で収まりますが、受験生となると、選択肢がかなり広がります。

ざっと30冊程度の中から最も良いものを絞り込んだら、意外な結果がでました。
続きを読む |ランキングへ 人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログへTREview
スポンサードリンク
posted by ヨーデルワイス at 18:36 | Comment(0) | 英語教材>Grammar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索